メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
音声読み上げ

中央図書館は改修工事で休館しています。令和6年1月24日(水)開館予定です。

トップページヤングアダルト図書館からのおすすめ> 夏にじっくり・・・

夏にじっくり・・・

【2022年8月】夏にじっくり・・・

自由な時間が増える夏休み。
暇だから…でも、部活や勉強の気分転換でも良し。じっくり本を読んでみませんか?
あなたに夏の思い出ができますように…。
  

ライブラリー・ツインズ ようこそ、月島大学図書館へ

日野祐希/著    あけたらしろめ/絵    アリス館(2021年)

ライブラリー・ツインズ ようこそ、月島大学図書館へ


月島大学 附属ふぞく中学に通う 双子の 菜織なおり健史けんじ

今の成績では 付属高校への 進学が厳しい 菜織の 救済措置として、大学図書館で 健史と ボランティア活動を することになり、大学内での 図書館イベント成功のために 奮闘します。

  

赤毛証明

光丘真理/作    くもん出版(2020年)

赤毛証明、表紙画像。


うまれつき赤毛なのに、生徒手帳の「赤毛である 証明の印」を見せながら 登校する はめになった主人公。

ふつうって何?規則って?

みんなも 思ったこと ありませんか?



われら滅亡地球学クラブ 

向井湘吾/著    幻冬舎(2021年)

われら滅亡地球クラブ


数か月後に、人類は滅亡する。

そんな状況で 中高生4人が どう生きたいか、どんな最期を 迎えるかを 考える物語。

主人公たちが、滅びゆく地球から 何かを学ぼうと 努力して、「なりたい自分」を 見つけようと 頑張る 青春小説です。



ゴールデンタイムの消費期限

斜線堂有紀/著    祥伝社(2021年)

ゴールデンタイムの消費期限


あなたは 自分の才能を、どれだけ信じられますか?

才能と将来への、自信・過信・不安・焦り…。

時として 残酷な現実に、主人公たちは 翻弄され、それでも 生きるために、彼らはもがく。

その先に あるものを 信じて。



なんくるない

よしもとばなな/著    新潮社(2004年)

なんくるない


「なんくるない」 

この夏、沖縄に 思いをはせる時、この言葉を 覚えておいて くださいね。

悲しいことが あったって、深呼吸して「なんくるない」。

こころが すっとする 魔法のことばです。

文庫版(2007年)もあります



キツネのパックス-愛をさがして-

サラ・ペニーパッカー/著    ジョン・クラッセン/画    佐藤見果夢/訳    評論社(2018年)

きつねのパックス


こぎつねのパックスは、命を助けてくれた ピーターに 育てられるが、戦争のために、祖父の家に 預けられることになる ピーターと 別れ別れになります。

そして、再び再会できた ピーターとパックスに 待っていたものは…。



ネバームーア モリガン・クロウの挑戦

ジェシカ・タウンゼント/著    田辺千幸/訳    早川書房(2019年)

ネバームーア モリガン・クロウの挑戦


呪われた子として、間もなく死ぬことを 約束されていた モリガン・クロウ。

今夜がその時、というまさにその晩、彼女を迎えに来た者がいた!

間一髪 助け出された モリガン。

逃げ延びた先で〈輝かしき結社ワンダラス・ソサエティ〉に入るための 試練を受けることになるが…。



続編『ネバームーア 2 魔法学園の危機』



13枚のピンぼけ写真

キアラ・カルミナーティ/作    関口英子/訳    古山拓/絵    岩波書店(2022年)

十三枚のピンボケ写真


第一次世界大戦時の 北イタリア。

家族と引き離され、妹と二人 住処を転々としながらも、前を向いて 力強く進んでいく イオランダ。

差し挟まれている 写真の絵に、あなたは 何を見るでしょうか。



うらんぼんの夜

川瀬七緒/著    朝日新聞出版(2021年)

うらんぼんの夜


閉鎖的な ムラ社会暮らしに 辟易して、大学生になったら 出ていこうと 密か思っていた 女子高生の菜穂。

周囲の長老たちは しっかり者の彼女を 次期リーダーとして 期待しいた。

そんな折、近所に越してきた 転校生が ムラの日常を 脅かしていく。



歴史とは靴である 17歳の特別教室

磯田道史/著    講談社(2020年)

歴史とは靴である


女子高の特別授業に、TVでもおなじみ 磯田先生 ご登場!

「歴史とは 靴のような実用品である」って、謎のような 先生の言葉に 耳を傾けてみてください。

過去を振り返ることの 意義がよくわかります。



13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

房野史典/著    幻冬舎(2020年)

十三歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう


現代風に おもしろおかしく 説明されていて、入り込みやすい本。

しかも、意外と細かく書かれていて わかりやすい!

この機会に、戦国時代の勉強はいかが?



もしも世界に法律がなかったら 「六法」の超基本がわかる物語

木山泰嗣/著    日本実業出版社(2019年)

もしも世界に法律がなかったら


中学生のジュリが 現実の世界から 連れていかれたのは、法律の無い パラレルワールドの世界…。

六法の無い 世界について 考えながら、法律が 普段の生活で どのように 関わってくるのかを 知る一冊です。



古生物のサイズが実感できる! リアルサイズ古生物図鑑(古生代編)

土屋健/著    技術評論社(2018年)

リアルサイズ古生物図鑑


古生物が 現代の日常に 溶け込んでいる。

えっ、どこに?肩の力を抜いて 眺めてみて。

化石から類推しても、なかなかの迫力に笑えます。

中生代編新生代編もあります。



さばの缶づめ、宇宙へいく 鯖街道を宇宙へつなげた高校生たち

小坂康之/著    林公代/著    イースト・プレス (2022年)

さばの缶づめ、宇宙へいく


福井県立 小浜水産高校へ 赴任した 小坂先生は、日々の教育活動の中で 生徒の意識を変え、信頼を深めていきます。

そして、生徒たちと毎年、夢のバトンを引き継ぎ、【さば缶】を宇宙食へと導いた14年にわたる奇跡の物語です。



どん底からの甲子園

タイムリー編集部/編    辰巳出版(2019年)

どん底からの甲子園


廃部寸前・問題行動・グラウンドがない…。

そんな「どん底」から いかにして 甲子園出場を 勝ち取ったのか。

各校の監督の戦略・選手たち、地元の人たちの 思いを紹介。

あきらめず 努力することの 大切さが 伝わる一冊です。