メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
音声読み上げ

中央図書館は令和4年4月1日(金曜日)から、令和5年12月末(予定)まで休館しています

トップページヤングアダルト図書館からのおすすめ> ENJOY!THE U・MI!

ENJOY!THE U・MI!

【2019年7月】ENJOY!THE U・MI!

7月に入り、だんだん暑くなってきました。今回、図書館よりいろいろな海の本をご用意しています。
ぜひ読んで、海を楽しんでみてください!!
  

 

船乗りサッカレーの怖い話

クリス・プリーストリー/著  デイヴィッド・ロバーツ/画 三辺律子/訳 理論社(2009年)

hunanorisakkare-rironnsya.jpg

ここは岬の先端のさびれた宿屋。店主の父は医者を呼びに嵐の中を出かけた。残された兄妹の前に、ずぶぬれの若い船乗りが現れた!彼はラム酒を飲みながら身の毛もよだつ船上の出来事を語りだした…。

全館所蔵



少女は書架の海で眠る

支倉凍砂/著  松風水蓮/イラスト  株式会社KADOKAWA 電撃文庫(2015年)

soujohasyokanoumidenemuru-dengekibunnko.jpg

本が貴重でなかなか手に入らないある世界、本が見せてくれる世界に魅せられて書籍商を目指す少年フィルは、買い付けに出かけた教会で、膨大な量の書架の海でたった一人で暮らす少女と出会うのですが…。

中央のみ所蔵

ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂

マーギー・プロイス/著 金原瑞人/訳 集英社(2012年)

jonmanjirou-syuueisya.jpg

飛行機に乗ればピューっと海外へ行けるし、サクサクっと検索すれば世界の事が知れちゃうこの時代。こんな事が一切なかった時代に、十四歳の少年・万次郎が海を渡り言葉も習慣も異なるアメリカで生き抜く物語です。

全館所蔵

  

ぼくらは海へ

那須正幹/著 文藝春秋 文春文庫(2010年)

bokurahaumihe-bunsyunbunko.jpg

立ち入り禁止の埋め立て地で船づくりをはじめた5人の少年たち。家庭や学校、それぞれが悩みを抱えながら夏休みの航海を目指すが、ある日の晩台風がやって来て…。
誰もが「あの夏の日」を思い出すこと間違いなし。

中央のみ所蔵

  

美しい海の浮遊生物図鑑

若林香織・田中祐志/著 阿部秀樹/写真 文一総合出版(2017年)

utukusiiuminohuyuseibutuzukan-bunitisougousyuppan.jpg

水の中を浮遊する生物として定義されるプランクトン。貝類・イカ・タコ・エビ・クラゲなどの幼少期もプランクトンなので身近に感じるかも。暗闇に発光するプランクトンを見ていると、幻想的な世界に引き込まれそうです。

中央のみ所蔵



深海カフェ 海底二万哩(マイル) 4

蒼月海里/著 株式会社KADOKAWA 角川文庫(2018年)

sinkaikafekaiteinimanri4-kadokawabunnko.jpg

“深海カフェ”は、店主の深海(ふかみ)が客の“心の海”に落とした宝物を探し出してくれる不思議な店。限られた人間にしか扉は見えない…。イケメン店主(人間の姿を借りた古い神様)とメンダコの妖精で執事のセバスチャン、女の子と間違えられがちな男子高校生の不思議な物語。

※2019年7月現在、シリーズ4巻まで刊行。

武蔵野台のみ所蔵

  

海のはてまで連れてって

アレックス・シアラー/著 金原瑞人/訳 ダイヤモンド社(2004年)

uminohatemadeturettete-daiyamondosya.jpg

豪華客船で働く父親が長く海へ出る間、双子の兄弟は祖父母の家で過ごす。でも、今回は違う。こっそり船に忍び込んで一緒に海へ出ることに。僕と双子の弟クライヴにどのような冒険が待っているのか?双子の笑えるやりとりにも注目です!

中央・わかたけ・武蔵野台所蔵